桑田社会保険労務士事務所 岡山県笠岡市 社労士  

岡山県笠岡・井原・里庄・浅口・鴨方・金光・寄島・倉敷、岡山、広島県福山 他

   

〒714-0057 岡山県笠岡市金浦1567-2


TEL:0865-66-0453 / FAX:0865-75-0241
e-mail: yukari.kuwada@alive-sharoushi.com

ブログ

姫路商工会議所 創業塾講師

7/23(土)姫路商工会議所様創業塾にて、

「社会保険・労働保険の基本」についてお話しさせて頂きました。

皆様熱心にお話しを聞いて下さり、沢山質問して頂きました。

今回労働基準法にも少し触れさせて頂いたのですが、

皆様、やはり非常にご興味があるようで、

こちらの方でも、多くの質問頂きました。

労働基準法のみのセミナーも今後準備致しますので、

ご要望ありましたら、お問合せ下さい。

IMG_3770IMG_5952

十士業合同無料相談会 in倉敷市役所

1/25(月)、十士業合同無料相談会に参加させて頂きました。

岡山会場、倉敷会場、津山会場で開催され、

弁護士、司法書士、土地家屋調査士、行政書士、公認会計士、税理士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、中小企業診断士が一気に集まり、

無料相談をさせて頂くイベントです。

今年は社会保険労務士会が主催という事で、

私は倉敷会場の準備、受付等を担当させて頂きました。

お越し頂いた皆様、雪で足元の悪い中ありがとうございました。

 

笠岡商工会議所にてマイナンバーについてお話しをさせて頂きました


11/11(水)笠岡商工会議所の商工部会にて、

マイナンバーについてミニセミナーをさせて頂きました。

前職ではセミナーをさせて頂く機会も多かったのですが、

久しぶりの人前で話す機会、

しかも市内の有名企業社長ばかりの前という事で、

開始前は非常に緊張していたのですが、

何とか無事に終える事が出来ました。

貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

IMG_0952

 

裁判補佐人 勉強会IN鳥取

社労士法が改正され、裁判の補佐人として出廷出来るようになりました。

9/12(土)、今週は鳥取県社労士会様の裁判補佐人勉強会に、図々しく緊急参加させて頂きました。
鳥取県で朝9:30から開始という事で電車もなく、自力では行けないと諦めていたのですが、
前日に急遽車で乗せて行って下さるという方(とっても偉い方。しかも初対面でした。すみません。)が見つかり、
様々な方のご尽力により、飛び入り参加させて頂く事ができました。

東京から3名の弁護士さんがいらっしゃり、
まだ色々と明らかになっていない社労士補佐人制度において、
どのように会社のお役に立てるかを解説して下さいました。

IMG_0913

実際に尋問の練習をしてみたり、
(弁護士さんが問題のある若者労働者役を熱演されていました)
どのように裁判が進行されるのか、判決はどうなるの可能性が高いのか、
一連の流を説明して下さり、非常に勉強になりました。

勉強会を通じて感じた事は、私達社労士は、どうしても法律の細かい部分や、
リスク対策の甘さばかりについ目がいってしまうのですが、
実際の裁判となると、どんなに抜け目があったとしても、「争いがある部分」にのみフィーチャーするという事、
どこに争点があるのかをしっかり見極めないと、全く意味がないという事でした。
(単純で当たり前の事のようですが、これが意外と難しかったです。)

今回岡山県からの参加者は5名程度で、
「女性で裁判に興味を持つなんて変わってる。普通はセミナー講師とか、華やかなものに憧れるのに。」と、
先週の道後に引き続き変人扱いをされながら(涙)、楽しく勉強してきました。

中四国社労士勉強会in松山

9/4(金),5(土)、松山大学にて中四国の社労士合同の勉強会がありました。

講師は松山大学法学部の先生方や、某銀行の企業内弁護士の方で、
民法や刑法、憲法、経営について勉強させて頂きました。

IMG_0907

労働各法だけでなく、関連法律全般、特に民法の更なる学習の重要性を痛感した2日間でした。

同時に、今回多くの社労士の先輩方と交流させて頂き(飲み会を含め。。。)、
様々な事例やご経験談を教えて頂けた事が、非常に勉強になりました。
皆様ありがとうございました。

折角の機会なのでという事で、夜は道後温泉近くのホテルに宿泊し、
始めての道後を満喫させて頂きました。
(周りからは、一人で道後に行く変わり者扱いされましたが、もう一名いらっしゃいました。一人道後。)

IMG_0904

2日間を通じ、いかにまだまだ勉強する事が多くあるか、
深く知らなければいけない事があるかを実感致しました。
今後とも皆様のお役に立てるよう、更なる学習と経験を積んでまいります。
よろしくお願いいたします。

平成27年社労士試験 監督補助

本日8/23(日)、平成27年度社会保険労務士試験が実施されました。
受験された皆様、5時間にも及ぶ長丁場、本当にお疲れ様でした。
長い長い1日が終わり、ひとまず本日はゆっくりと休んで下さい。

私は今回、初めて監督補助として参加させて頂いたのですが、
数年前の、自分自身の受験の日を思い出しました。

朝から雨が降り、ずぶ濡れになりながら広い岡山大学内で道に迷い、
なんとか会場に到着したのですが、
なにせ靴の中は水浸し、服も濡れてという状況なので、
教室に着いてすぐ、財布と受験票だけ握りしめて、お手洗いへ急ぎました。
試験開始ギリギリまで雨対策に追われ、走って教室に帰った私に、
背後から、「落ちましたよ!」という声がかけられました!
振り返ると、大事な受験票が、何と床に落ちているではありませんか!!!
なんと縁起の悪い!という事で、教室中に凍り付いた空気が流れ、
一斉に皆の視線が私に向けられました。

「この人、絶対落ちる。。。」
「受験前にそんな言葉聞いて、私達まで縁起が悪くなるよ!」
という皆の心の声が聞こえてきて一瞬怯んだのですが、
「こんなの関係ない!」「絶対受かる!」と変に腹の座っていた私は、
さほど気にする事もなく、というか気にしないようにして、なんとか受験に挑みました。

試験終了し、答え合わせをしていると、自分でも驚く程散々な内容で、
「こんなに勉強したのに、なんで。。。やはり”落ちましたよ”のたたりが。。。」
と落ち込みに落ち込みました。

合格発表の日、「どうせ無理だから」発表を見る気もせず、
何時間かダラダラと過ごし、半分ふてくされた気持ちでやっとパソコンを開いたのですが、
なんと!!!私の番号があるではありませんか!!!
「何で!?幻!?」「試験実施側の採点ミスか!?」
と全く信じなかったのですが、

なんとその年は稀にみる難問が出題されたという事で、救済措置が多く取られ、
私のような普通の年では考えられないような点数の者を合格者に入れても、
それでも至上稀に見る低合格率という、異例の年でした。

本当、最後まで何があるか分かりません。
私は受験後皆にそう慰められ、「みんな、返す言葉が無いんだ」
「気を遣わせて申し訳ない」と思っていたのですが、
本当に最後まで何があるか分からない!とつくづく感じました。

「落ちた」と言われても受かりました!
こんなエピソードが慰めになるかは全く分かりませんが。。。
皆様、とにかく今日1日お疲れ様でした!

医師会勉強会

7/5(日)、岡山県医師会主催の勉強会に参加させて頂きました。
メインテーマは”看護職のワークライフバランス”でした。
日本看護協会を筆頭に、各病院様々な改善策に取り組まており、
非常に勉強になりました。

GetAttachment[1]

今回非常に興味深かったのは、
「看護師のワークライフバランス(WLB)インデックス調査」です。
このフォーマットを日本看護師協会へ送ると、現状分析結果が送られてくるそうです。
施設調査と職員調査があり、
使用者側と労働者側の、お互いの認識の相違まで出るという所が、
非常に面白いところだと感じました。

GetAttachment[2]

今後も様々な機会に接し、
益々見識を広げていけるように努力して参ります。

最後に、今回講師を努めて下さった4名の方々、
非常に有意義なお話を、ありがとうございました。